アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP > カモミール 精油の解説


アロマオイルには、使いやすい種類と、使いにくい種類があります。

使いやすさは、ほとんど香りだともいえますが、
作用についても忘れてはいけません。

最も使いやすいアロマオイルは、ラベンダーでしょう。
アロマテラピーでも最も人気だといえます。

ラベンダーは、さまざまな場面で活用できるうえに、
作用が温和なため、使いやすいのです。

そして、そんな便利なラベンダーに近いアロマオイルが
カモミール・ローマンです。


カモミールはキク科の植物で、花からアロマオイルを抽出するため、
フローラルな香りがします。
「甘いリンゴの香り」と表現されることもありますが、
その印象は人によって分かれるでしょう。

カモマイル、カミツレと呼ばれることもあります。


カモミールはリラックス効果の高い作用です。
イギリスでは、気持ちを落ち着かせるために、
カモミールのハーブティーがよく飲まれています。


アロマテラピーでは、芳香はもちろん、
アロママッサージに活用されています。
体のメンテナンスに加え、美容価値も高いオイルといえるでしょう。

カモミールの種類は、ローマン以外に、ジャーマンがあります。
ジャーマンはローマンよりも高価で、アロマオイルの蒸留過程で生まれる
"アズレン"という成分を含んでいます。


一般的に使用されるのは、カモミールローマンですが、
ラベンダーと比べると、高価です。
しかし、1本持っておけば、かなり役立つアロマオイルとなるでしょう。


カモミール・ローマン アロマオイル  10ml

カモミール ジャーマン アロマオイル 5ml



アロマオイルの専門店 > アロマオイルの豆知識 解説 > カモミール