アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイルのブランド解説
  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP > マンダリン 精油の解説


アロマオイルの香りは落ち込んだとき、やる気のでないとき、眠りたいときなど、
さまざまな場面で活用することができます。

使用場面でおすすめの香りが決まってきますが、その理由は、
アロマオイルの作用にあります。
もうひとつ忘れてはいけないのが、使用者が心地よいと思える香りを使うことです。

例えば、眠りたいときに使用する香りが好ましくないときは、
当然ながら気分が鎮静することはありませんので、効果的にはならないでしょう。
落ちこんだとき、集中したいときも同様です。


初めての方は好まれやすい香りのアロマオイルを選ぶとよいでしょう。

ラベンダーやオレンジが人気ですが、
同じように好まれやすい香りがマンダリンです。

通常の柑橘系のように、ミカン科の果実の果皮から
圧搾法によって得られます。

マンダリンはオレンジやグレープフルーツ、レモンと比べると、
それほど知名度は高くありませんが、香りは好まれやすい傾向にあります。
甘いオレンジのような香りがします。
食品のフレーバーにも配合されています。

落ちこんだとき、気分を明るくしたいとき、活発に行動したいときには、
ぴったりの香りです。
アロマディフューザーなどでお部屋を香りいっぱいにしてみると、
楽しい空間が生まれるでしょう。

同果実でありながら、名称が異なるアロマオイルにタンジェリンがあります。
これは栽培時期の違いにあるようです。


マンダリン アロマオイル 10ml



アロマオイルの専門店 > アロマオイルの豆知識 解説 > マンダリン