アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイルのブランド解説
→ 新商品アロマグッズです♪

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP > プチグレン 精油の解説


アロマオイルは通常、植物の特定の一部位から抽出されます。

芳香成分を含む部位を採取し蒸留するのが基本ですが、
たとえ、植物からとても芳しい香りがしたとしても、梔子のように
そもそもアロマオイルが抽出できない種類も存在します。


そんななか、オレンジの木は特殊といえるかもしれません。


オレンジの木からは、果実からオレンジ、花からはネロリ、
枝葉からはプチグレンが得られるのです。


オレンジやネロリの香りは良く知られていますが、
プチグレンはそれほど耳にする機会はありません。
(ネロリはオレンジフラワーと呼ばれていることもあります。)


プチグレンは柑橘と花の中間のような香りがします。
独特のグリーンな芳香があります。

単体で使われるよりも、ブレンドで使われる機会が断然多いのですが、
それは、トップノートとベースノートをうまく繋げる特性があるためです。

ブレンドの際、なかなか調和しないことがあります。
そんなとき、プチグレンは香りをマイルドにさせてくれるのです。

香りのハート(核)といわれることもあるようです。

入れ過ぎるとプチグレンの香りが強すぎとなり、全体の香りを打ち消してしまうので、
バランスよく調整しましょう。


アロマオイルのブレンドは、トップ、ミドル、ベースの三段階を意識しながら調香していくと、
より楽しめるでしょう。

オレンジやレモン、グレープフルーツのような揮発の早い種類はトップ、
サンダルウッドやパチュリー、ベチバーなどの重たい香りはベース、
その中間はミドルとなります。

トップばかりブレンドすると、香りはすぐに飛んでしまいますし、
ベースばかりにすると、なかなか香りが広がりません。

香りの移行が楽しめるようにブレンドしてみましょう。



プチグレン アロマオイル 10ml



アロマオイルの専門店 > アロマオイルの豆知識  解説 > プチグレン