アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイルのブランド解説
  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP > パイン 精油の解説


アロマオイルは紛らわしい名前が多々ありますが、 
パインもその内のひとつです。

パインと聞くと、トロピカルなフルーツを連想しますが、
アロマテラピーでのパインはマツ科の植物が原料となっています。

※ちなみに、パイン、メロン、ストロベリー、ピーチ、マンゴーといったお馴染の果物の香りは、
 天然のアロマオイルには存在しません。
 ただし、合成香料のフレグランスオイルとして楽しむことができます。
 通常、フレグランスオイルは工業製品で大量製造が可能なため、
 価格は安価で均一になる傾向があります。
 アロマトリートメントには活用できないため、アロマポットで香りを楽しんだり、
 手作りキャンドルなどの香り付に使用します。


樹木類の種類はたくさん存在し、爽やかな新緑のような香りもあれば、
重く落ち着いた木の香りもあったりと、バリエーションが豊富です。

パインのアロマオイルは、マツ科の植物の針葉と球果から、
水蒸蒸留により抽出され、松の木を感じる鋭い芳香があります。

パインにも複数種類がありますが、よく使用されるのがスコッチパインです。
学名:Pinus sylvestris


香りは爽やかに広がりやすいですが、ミドル〜ベースノートのため、
ブレンドに深みを出すこともできます。
リフレッシュしたいときにおすすめの爽快な香りです。
やる気や活力が得られるでしょう。


刺激が強いため、少量で使用しましょう。


パイン アロマオイル 10ml



アロマオイルの専門店 > アロマオイルの豆知識 解説 > パイン