アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP >

アロマオイルの性質


ブレンドについてのアロマテラピー解説。
たびたび説明していますが、アロマオイルの香りには、
トップノート、ミドルノート、ベースノートがあります。

各アロマオイルが、このノートにぴったり当てはまるわけではなくて、
トップからミドルの間、ミドルからベースの間もあります。
この分類は感覚的な要素が大きく、人によって違いもあります。

 

症状に対するのブレンドレシピとは

 

ここからが本題。

ラベンダー○滴、ローズマリー○滴など症状に合わせた具体的なレシピが知りたい、
という方は多いでしょう。

どのような販売店も薬事の面から、症状に対しての使用を謳うことはできず、
その責任も負えませんが、ブレンドに関しては単純なのです。

 

体へのアロマテラピーは、ルームスプレー作りのように、多量のアロマオイルを使いません。
肩こり腰痛対策の場合、キャリアオイルをベースに、アロマオイルを1%以下に希釈して
マッサージオイルを作ります。  
 

例えば、ラベンダーとローズマリーの2種類を使う場合。

1回のキャリアオイルの量は20mlとすると、アロマオイルの量は合計4滴となります。  
このケースの場合、レシピは、
 

ラベンダー3滴+ローズマリー1滴 =合計4滴  
ラベンダー2滴+ローズマリー2滴 =合計4滴
ラベンダー1滴+ローズマリー3滴 =合計4滴
 

上記のいずれかになります。


アロマオイルさえ決まれば、このパターンからブレンドすればよいのです。

使用するアロマオイルが増えると組み合わせは複雑になりますが、
精油1%のルールは変わりません。


アロマオイルをもう1種類増やすとすると、
ブレンドの滴数は1種類のみ2滴、その他は1滴になります。
 

例えば、ラベンダー+ローズマリー+マージョラムの場合。
 

ラベンダー2滴+ローズマリー1滴+マージョラム1滴 =合計4滴  
ラベンダー1滴+ローズマリー2滴+マージョラム1滴 =合計4滴  
ラベンダー1滴+ローズマリー1滴+マージョラム2滴 =合計4滴  

 

上記のいずれかになります。

テレビや本、知人からの情報で、例えば、
ラベンダー3滴とローズマリー1滴の組み合わせが紹介されることがありますが、
ブレンドに正解はありません。


ブレンドを調整しながら、好みの香りや使用後の状態などを
体感していくところがアロマテラピーの醍醐味といえます。

   

天然成分は均一ではありません。



アロマテラピーで使用するアロマオイルは植物からの抽出物のため、
成分は気候などで変動し、化学合成品のように均一ではありません。


○○の症状に対して、○○の精油がよいという根拠はあるのですが、
好みの香り作りは別として、症状に対してのブレンドについては、
○○3滴+○○1滴のように断定するのは難しいところです。


アロマオイルのブレンドを楽しみながら、コツコツ試していきましょう。
知識を一歩深めるだけでも、アロマテラピーが一段と実用的になります。

 


アロマオイルのブレンド解説はこちら




アロマオイルの豆知識 解説 > アロマオイル効能 症状に対するブレンド