アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイルのブランド解説
→ 新商品アロマグッズです♪

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマオイル 通販 TOP >

アロマテラピーの誤解?



”アロマテラピー効果はすべて精油成分からなるもので、心理作用はあまり関係ない。”  


そう思ってる方がみえるようです。
アロマオイルに医薬品のような効果求める方が多いためだと思われます。


しかし、これは大きな誤解です。
いくら鼻に自信がある方でも、間違いなく視覚や権威などの影響を大きく受けてしまうと断言できます。


なぜなら、最初に好ましくないと感じた香りでも、
高級なイメージ、医療的なイメージ、自然のイメージ、 などを加えると、
好感度が大幅に上がるからです。

 

香りの思い込み アロマテラピー作用



香りのアロマテラピー・アンケートでは、
実物がある場合と、ない場合での結果が大きく異なります。


例えば、香りそのものが好ましいと感じても、その実態が"靴下"と判明した場合には、
最初のよい印象を保つことはできません。


香りは同じなのに、今度は不快なにおいに変わってしまうのです。
さらに、その靴下が新品だと分かった場合・・やはり好感度が上がるのです。


 

ネガティブなイメージはネガティブな結果になる



心理的作用からすれば、ポジティブなイメージをもってアロマオイルを使用すれば、
ポジティブな結果が生まれます。


逆に考えると、「こんな場面でアロマオイルを使っていいのかな・・」と思った時は、
使わないほうが無難です。


アロマオイルの禁忌は、使い方が芳香であれば、ほとんどが問題は起きません。
しかしながら、何か別の要因で問題が起こったとき、アロマと結びつけて考えてしまうことがあるのです。
アロマテラピーの心理的作用はとても強いのです。

 

"香りの効能"といえそうですね。

 



アロマオイルの豆知識 解説 > アロマオイルの心理作用を解説