アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマキュア診断

Amazonペイメント
クレジットカード利用可

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
※金曜までのご注文は土曜日に出荷することがあります。
アロマオイル 通販 TOP >

ペットへのアロマオイル使用について



ペットに対するアロマテラピーは、
 ほとんど人と同じような効果が求められています。
 

"ペットもストレスがたまる。"
 

この考えを元に、ペットへのアロマテラピーが実践されています。

 

ペットで最も人気のある犬の場合、ストレスの多くはスキンシップ不足となっているようです。

アロマオイルの精神作用をそのまま犬に当てはまるのは無理があるかもしれませんが、
アロママッサージを用いてスキンシップをはかることは有効です。

 

普段行ってるセルフケアをそのまま行えるほど単純ではなく、
経皮吸収や体積が違うため、難しくなるのがアロマオイルの割合です。
 

まずは、子供や高齢者と同じく、ペットのアロマテラピーは
アロマオイルの量を半分以下にするのが一般的のようです。
 (つまり通常1%の希釈でしたら、0.5%以下。)
 
 
犬の皮膚は私たちが思っている以上に薄くデリケートで、
人との比較では、角質層は3分の1程度と言われています。


ペットアロマテラピーではラベンダーやティートリー、カモミール・ローマンなど
刺激の少ない種類に絞ったほうがよいでしょう。
 

しかしながら、皮膚が弱い分、犬の肌は被毛に守られています。
犬種にもよりますが、大部分のオイルは皮膚まで届かず、
 被毛に吸収されることになります。


それでも被毛から微量の成分が体内に 吸収することもありますので、
やはり刺激の少ない方法を選ぶのが安全です。
 

犬へのアロマテラピーはマッサージ効果に加えて、
毛並のツヤを出したり抗菌、防虫、消臭といった効果を期待することもできるでしょう。

 

また、猫は犬と代謝が異なります。
アロマオイルの成分を代謝して体外に排泄することができませんので、
アロマテラピーは避けておいたほうが賢明でしょう。



 

アロマオイルの豆知識 解説 > ペットのアロマテラピー