アロマギフト ラッピング
検索
ログイン 会員登録  注文履歴

  • アロマオイル人気6本セット
>>お買得限定セール

アロマキュア診断

Amazonペイメント
クレジットカード利用可

2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
※金曜までのご注文は土曜日に出荷することがあります。
アロマオイル 通販 TOP >

アロマオイルってどうやって作るの?

 

ずばり、家庭では作れません。
エッセンシャルオイルを生産するには、大がかりな蒸留装置が必要です。
そして大量の植物が必要です。

1tのラベンダーから3リットルのオイルしか抽出できません。
バラは比較にならないぐらい微量となります。

(家庭用としては、小型の蒸留器も製造されています。もちろん蒸留できる量はほんの僅かです。)



植物によって芳香成分を蓄えている部位は異なり、
花や葉、根、果皮などさまざまです。

水蒸気蒸留や圧搾といった方法で、
アロマテラピーに使用できる純粋なアロマオイルを抽出することができます。



水蒸気蒸留法
 

ほとんどのアロマオイルは水蒸気蒸留法によって抽出されます。
水蒸気蒸留法はステンレス製の蒸留釜に植物を入れ下から熱を加えます。

蒸された植物の蒸気は上部の冷却パイプを通り、液体化し容器に溜められます。
集まった液体の表面に僅かに浮いている油がアロマオイルです。

残りの液体は純粋なアロマオイルほど高価なものではありませんが、
芳香蒸留水として化粧水に使われるなど十分な価値があります。


圧搾法

ほとんどの柑橘オイルは圧搾法によって抽出されます。
これは単純な方法で、果皮のエッセンスを搾り取るだけです。

昔は手作業でしたが、今では当然ながら機械化されています。
柑橘オイルは果皮に含まれる芳香成分を搾油しているだけなので、
正確にはエッセンシャルオイルではなく、エッセンスといえます。
そのため柑橘オイルは劣化しやすいといえます。
 

溶剤抽出法
 

どのようなアロマオイルも大量の植物からほんの少ししか抽出されません。
量が少なければ 少ないほど高価なアロマオイルとなります。

その代表がローズです。

ローズやジャスミンのような高価なアロマオイルは溶剤抽出法により抽出されます。
溶剤抽出法は石油エーテルが入った釜の中に植物を入れ熱し香りを吸着させます。

この液体を蒸発させると石油エーテルは固体化し、
そのコンクリートをアルコールで処理すると アブソリュートと呼ばれるローズやジャスミンとなります。

以前は香り成分を油脂に吸着させる冷浸法が使用されていましたが、
現在ではこの溶剤抽出法が行われています。

 

アロマオイルの豆知識 解説 > アロマオイルの作り方