アロマで眠れない主な原因は?

安眠アロマオイル

睡眠は1日の疲れを取るために欠かせません。しっかり眠れない日は、体が重だるく、頭の動きも遅いはずです。

ひと昔前は睡眠時間が少ないショートスリーパーが憧れの対象で、寝てない自慢もよく耳にしましたが、今はそれが逆効果の時代です。ほとんどの人が睡眠の大切さを理解してますからね。

問題は、眠りたいのに眠れないということ。ぜひアロマオイルの香りをうまく活用いただきたいです。落ち着く香りは副交感神経が高まり、入眠しやすくなります。

香りで寝付けないひとつの理由は、覚醒する精油を使用してるため。例えば、ペパーミントユーカリスパイス系アロマオイルなどの刺激系です。これらの使用は逆に目が覚めてしまうことがあるでしょう。

睡眠の目的には、香りの挑戦はいらないので、ラベンダーカモミールローマンマージョラムスイートなど、リラックス系を無難に選ぶのがおすすめです。
基本的には、香りが心地よいと感じれば、精油の種類は関係ないはずです。思考が意識を覚醒するときがあるので、ひたすら頭をクリアにしましょう。

ちなみに寝室に便利なのは、タイマー付のアロマライトです。

タイマー付アロマライト
アロマライト全一覧

私は旅先には、必ずブレンドアロマオイルアロマストーンを持っていきます。ホテルでの使用にはかなり便利ですよ。

ホテルのアロマオイル
ブレンドアロマオイル一覧