アロマギフト ラッピング
検索
アロマオイル 通販 TOP > アロマレシピ > アロマオイルを使ったバスソルトの作り方

★アロマを使ったバスソルト

「快適な入浴なら、バスソルト」レシピ

アロマオイルを使ったバスソルト
 

材料・作り方

■材料2〜3回分

スクラブソルト(天然塩)50g、容器
精油5滴 (ゆず、ジンジャーなど)
 

■作り方:

  • 1.岩塩やスクラブソルトに、アロマオイル(精油)を混ぜ合わせてできあがり。

明けましておめでとうございます! by アロマ大好き"なのママ"

1年で1番寒いと言われる大寒の季節、今夜はあったか〜い柚子風呂でどうでしょ。

今回は、まぜるだけの簡単バスソルト。湯船に入れると精油の香りがふわっと広がって、
身体もポカポカ、心地良いバスタイムになります。代謝のいい方なら汗がふき出てくる
かもしれません。歳のせいか?あまり代謝の良くない私は、お風呂から上がったあとに
ダラダラきました。反応遅すぎだわ・・・( ̄ー ̄;
 

冷え性気味の私は普段、お風呂から上がって10分もすれば、足先からサーっと冷たく
なってきますが、このバスソルトを入れた日は、もっともっとあったか〜くいられます。
芯から温まるってこういうことかしら?湯冷めすることなく夜もグッスリでした♪
 

おすすめ精油は柚子のほか、ジンジャーで生姜湯風のアロマバスもいいですね〜。
ジンジャーは、身体のあたたまり具合で言ったら、柚子よりも上かも!ヒノキの精油で
檜風呂風もオツだし、ダイエット中ならグレープフルーツもおすすめです(≧∇≦)
 

お風呂が沸いたら、バスソルトをひとつかみして、バスタブにサラサラ〜。
よくかきまぜてから中に入ります。細かい塩なら、ボディマッサージも○。いらない
角質がとれて、肌がつるんとします。蜂蜜をいれるとしっとり感がアップするので、
ぜひお試しくださいね( ̄▽ ̄)b
 

さて、今日は注意がちょっと多いです。
 

このレシピは塩と柑橘系の精油を使っているので、肌刺激が強め。肌が弱い方は塩の
かわりに蜂蜜や重曹を使ったり、加える精油を少なめにして下さいね。
また、柚子を含め、柑橘系の精油は光毒性の心配があるので、念のため朝風呂では
使わないように、そして最後に〜〜!
 

身体のどこかに傷があるときには、バスソルトはNGです( ̄ロ ̄lll)
 

ええ、そうなんです、いつできたのか知らぬ間に脚に傷があって・・・。それはもう、
何かの罰ゲームか拷問か?っていう・・・。皆さんはお気をつけを(泣きながら)
傷がなければOK!さあ、癒しのバスタイムをゆ〜っくりお楽しみ下さい\(≧∇≦)/
 

*********************************************

あけましておめでとうございます! by 店長

寒い冬にはアロマが大活躍。
精油を直接湯船に入れる方がみえますが、お湯に溶けないのでバスソルトを使ってください。
柚子やヒノキといった和のアロマは冬にぴったりですね。

------------------------------------------------------------------------


■レシピで紹介した基材

  バスソルト
バスソルト 300g 500円(税抜)

ゆず アロマオイル
ゆず精油 5ml 1,800円(税抜)

  ジンジャー アロマオイル
ジンジャー精油 10ml 1,500円(税抜)



アロマレシピ