アロマギフト ラッピング
検索
アロマオイル 通販 TOP > アロマレシピ > ローズクリームの作り方

★女性のためのローズクリーム

「コクのある華やかローズのクリーム」のレシピ
 

アロマオイルを使ったローズクリーム
 

材料・作り方

■材料:25ml

ホホバオイル25ml、みつろう小さじ1〜3、ガラス容器
ローズオットー3滴
 

■作り方:

  • 1.キャリアオイルとみつろうをガラス容器に入れます。
  • 2.ガラス容器を湯煎して、串などで中身を混ぜ合わせます。
  • 3.よく混ぜて粗熱が取れたら、精油を加えてできあがり。

女性のための貴重な一品! by アロマ大好き"なのママ"

今回、火を使うのでちょっと難易度がアップしていますが、やること自体は難しく
ないので大丈夫。精油入りのクリームはいろいろ使えるので、ベーシックなものを
マスターしておくと、楽しみが増えますよ〜(= ̄∇ ̄=)
 

ところで今回はローズオットーです。ローズAbsの香りはオットーに負けないほど
華やかで気品があって素晴らしい(むしろオットーよりも人気あり?)のですが、
肌には刺激があったりするので、ついにオットーの出番なのです( ̄▽ ̄)V
 

このレシピは、ローズの素敵な香りがする、しっとりとしたクリーム。精油だけで
はなく、みつろうとキャリアオイルにも肌への有効成分が入っているので、かなり
上質です。市販のクリームのテクスチャーに比べると、少しもっさりと脂っぽい感
じはぬぐえませんが、なんたって合成界面活性剤ナシで安心、新鮮、そして市販の
ものにはない、ローズ本来の香りの素晴らしさがあります\(≧∇≦)/
 

このクリームは肌の保湿やエモリエント、そして、生理不順やPMS、更年期障害等
にもむいています。私は今、それこそ髪を振り乱して、育児真っ最中!の身ですが、
このクリームをふと手にとるとき、ほわ〜っと”女性”にかえる気がするのです。
これはローズならではの感覚ですね、って、普段は女性でなくて何なんでしょう。
えっと・・・さて、作り方の補足です( ̄ー ̄;
 

湯煎(ゆせん)の仕方は、チョコレートを溶かすときの湯煎と一緒です。
チョコレートを入れるボウルが、ガラス容器を入れるザルにかわるだけです。
みつろうが液体になって、キャリアオイルと混ざったら、お鍋から取り出して粗熱
を取ります。数分で、あれよあれよと言う間に固まってくるので、表面の色が変わ
ってきたら、精油をポタポタ。そして全部が固まったらできあがり〜!( ̄▽ ̄)
 

みつろうの量を増やすとどんどん軟膏っぽくなっていきます。小さじ1でフェイス
クリーム、小さじ2でボディクリーム、小さじ3でリップ、といった感じ。

うちでは、アトピーの子ども用にカモミール、おばあちゃんの割れたかかと用に
ゼラニウム、そして私のアンチエイジングにはネロリを入れて、愛用してます♪

最後に!今回はやけどとローズオットーの無駄使い?にご注意下さいね。
(オットーの瓶を倒してこぼした私からの愛のアドバイスです・・・(/ー ̄;))
 

*********************************************
 

ローズはとても人気。 by 店長

これはいいですね!ローズオットーは高くてなかなか手が出せないですが、
せっかく入手したら適当に使うのではなくて有効活用したいところです。
1滴1滴無駄にできないので、このアロマレシピはみなさんのお役に立てるはず!
 

>> おすすめアロマクリーム Made in U.K.

------------------------------------------------------------------------


■レシピで紹介した基材

  ホホバオイル
ホホバオイル 100ml 3,200円(税抜)

   みつろう
ビーズワックス 50g 580円(税抜)

ガラスクリーム容器
ガラスクリーム容器 25g 300円(税抜)

ローズオットー精油
ローズオットー 5ml 12,000円(税抜)



アロマレシピ